松本ジャポニスム、無事終了いたしました。

四柱神社神楽殿で行われた「伝統芸能」の舞台は、たくさんの人ご来場いただき、最初から最後まで大いに盛り上がりました。参加型の舞台もいくつかあり、みんなで型を真似たり唄ったりもしました。ワークショップも多くの人に体験していただきました。身近に感じられる機会となったのではないでしょうか。
出演いただいた先生方には心より御礼申し上げます。四柱神社の舞台は素晴らしいものになりました。

大鳥居周辺では「伝統工芸」のブースも盛況でした。ワークショップ、それぞれに工夫を凝らしていただきました。ホクホクで作品を見せてくれた参加者の方、嬉しそうでした。工芸の五月実行委員会と出展者の皆さまにもお世話になりました。ありがとうございます。松本の伝統工芸もまだまだ力を秘めています。今後も気軽なスタイルで多くの人に届けていきたいと思います。

「にっぽんいろいろ」企画も充実でした。笑顔をたくさん見ることができました。非常に盛り上がり驚いています。
皆さまにはお忙しい中、時間を作って企画を練り準備していただき頭が上がりません。ありがとうございます。

そして興味を持ってご来場いただいた皆さまにも感謝申し上げます。ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております。


#松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社

松本の街と芸能

かつての松本は芸どころでした。裏町、天神、そして浅間温泉。三味線や舞踊、唄にお囃子、自慢の腕を競い合う芸者さんがたくさん居ました。芸を教える師匠も教室もそこかしこにあり、上手い人も下手な人もそれは熱心に稽古をしていました。
想像してみてください。裏町で長唄の稽古をした芸者さんがお座敷までの短い自由時間に下馬出町の塩川であんみつを食べながらおしゃべりしたり、縄手横丁の細い路地から清元の語りが聴こえてきたり、普段はさえないおじさんが宴会になると嬉々として舞踊を披露したり。もっと昔は義太夫を唸ったりしていたそうです。何とも楽しそうではありませんか。
でもそれも昔のこと。
私にそれを語ってくれた師匠、芸者さんたちも、ひとり、ふたりと旅立ってしまいました。寂しさとともに危機感に近い感覚を感じていました。もったいないなぁ、と思うのです。ずっとそう思いながら何もせず時が過ぎてゆきました。
そこにやってきたのが新型ウイルス。私も多くの人と同じように引きこもり、考えました。これが長く続いたとしたら、今、松本に残っている教室も遠くに引き上げてしまうかもしれない。芸能の良さを知る人間として、それはあまりに悲しい想像でした。何かできることがあるのではないかと考え、出した答えがこのイベントでした。
各教室の先生方にご協力いただき、素人ながら奮闘して何とか第一回「春の御庭と春の路」を開催することができました。
そして今年、たくさんの人のご協力を得て第二回「松本ジャポニスム」を開催いたします。「工芸の五月」の皆さまにお手伝いいただいたことで、伝統工芸もより充実したものになります。「にっぽん」の良さ、楽しさを見つけていただければ、これほど嬉しいことはありません。
「松本ジャポニスム」、間もなく開催です。4月17日、お見逃しなき様、重ねて御願い申し上げます。


#松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社

絵本読み聞かせ

とざい、とーざい!
今回皆様にお届けいたしますのは「落語絵本・かえんだいこ」そして「狂言絵本・かきやまぶし」にございます。演じまするは葛岡由衣、そして前田斜めの両者にごさりまする。下座に浅間火焔太鼓を迎えまして賑々しく、お嬢ちゃんお坊っちゃん方にご観覧いただこうという趣向にございます。お目まだるき所は、袖や袂で幾重にもお隠しあって、良き所は栄当々々のご喝采、隅から隅までつらりつとオン願い申し上げ奉りまする。
まずはそのため口上、とざい、とーざーい!


#落語絵本 #かえんだいこ#狂言絵本 #かきやまぶし#浅間火焔太鼓 #松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社

能楽・澤風会

今回も序を飾っていただきます能楽・澤風会(たくふうかい)。
能楽は歴史があるだけ奥が深く、そして謡(うたい)、仕舞、囃子と全てに太い芯があるのを感じます。

能楽にも楽器が入ります。笛、太鼓、小鼓、大鼓。これだけです。邦楽囃子が三味線音曲に入るのに対して、能楽囃子は謡に囃子が入ります。実にシンプルな構成ですね。
謡で物語が進行し、囃子で拍子を取り、舞で演じる、言うなれば歴史ある演劇です。難しそう…と思わずに、まずお越しください。分かりやすく解説しながら進めていきます。

能楽・澤風会は松本市大手公民館でお稽古を続けています。
講師 能楽宝生流シテ方 澤田宏司
能楽囃子の教室もございます。ぜひ一度見学にいらしてください。


#能楽 #澤風会 #松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社

けん玉

縄手通りではおなじみ、けん玉遊びの達人Zuku Kendamas。けん玉教室を多く開いて指導しています。松本の子供たちが妙にけん玉が上手いのは、彼らの影響かもしれません。
カラフルなけん玉をたくさん持ってきてくれます。親子で遊びに来てください!

Zuku Kendamas(ずくけんだま)
けん玉教室やパフォーマンス…等々。
幅広い世代へのけん玉普及を目指し、長野県を中心に活動するけん玉集団です。

シンプルながらも多くの可能性を秘めた魅力溢れる伝統玩具のけん玉。
簡単な技もたくさんあり、初めての方でも楽しめます。
ぜひ実際に体験にいらしてください!


#けん玉 #zukukendamas #松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社

伝統芸能

今年の四柱神社神楽殿は見逃せない!
能楽、箏曲、荻江節、津軽、舞踊、端唄、長唄…。これだけ揃うのも奇跡的なことなのですが、何と邦楽囃子の先生にお越しいただくことが決まり、さらに厚みのある演奏をお届けできます。この機会に是非、邦楽の面白さを発見、堪能していただきたいと思います!

本日は気になるタイムテーブルを。

四柱神社・神楽殿
11:00〜 能楽
12:10〜 箏曲・荻江節(囃子入り)
12:45〜 津軽三味線
13:15〜 おたのしみ日本舞踊
13:35〜 端唄(囃子入り)
14:00〜 日本舞踊
14:30〜 長唄・囃子
15:00〜 和楽器体験ワークショップ

時間は前後することがあります。余裕を持ってお越しください。
感染対策を優先して進行いたします。ご理解とご協力をお願いいたします。


#松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社

藁細工、ワークショップ・わらむすひ

見たことのないおもしろい形の藁細工を見せてくれるのは、わらむすひさん。見ただけで願いや祈りが込められているのを感じられるのは、私たちのルーツに由来するのでしょうか。
ワークショップもあり、親子で楽しめます。

わらむすひ「とうがらし飾り」作り
古くから魔除けとして使われてきた、とうがらしと藁を使って飾り物にするワークショップです。玄関に飾り、外から魔が入ってこないようにと願いを込めましょう。
材料、道具などは全てこちらで準備します。
靴を脱ぎ、あぐらをかいて作業するのでワンピース、スカートはご遠慮いただき、汚れても良い格好でご参加ください。

①11:00〜
②12:00〜
  (各回40分程度)
講師  わらむすひ 畠山智明
対象  小学生以上
定員  各回3名
参加費 1800円

ワークショップのご予約は3月28日(月)よりお電話にて受付いたします。
0263-34-6557
工芸の五月企画室[10:00〜16:00受付/水・土・日休業]
協力: 工芸の五月実行委員会


#藁細工 #わらむすひ #松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社

沈金、ワークショップ・片桐秀和

野外で見るには繊細すぎる沈金(ちんきん)作品を、「知ってもらうために」と縄手通りに持ってきてくれるのは、片桐秀和さん。ワークショップでは菓子皿に図案を入れる体験ができます。自分で施した沈金を見ながら和菓子をいただくなんて、きっと幸せな時間であることでしょう。

沈金作家・片桐秀和
沈金とは、漆器の塗面を沈金刃で彫り、そこに金箔・金粉等をすり込み図案を表現する漆芸の伝統技法です。細かい点彫りによる陰影表現、美しい線彫り、沈金はその繊細な表現で見る人を魅了します。

「初心者でもできる沈金体験」
初めての方でも体験できるよう、菓子皿に簡単な図案を線彫りする1日だけの講座です。参加者が漆を使う行程はありませんが、極端に漆に弱い方はご注意ください。

時間 13:30〜(2〜3時間程度)
講師 沈金作家 片桐秀和
対象 中学生以上
定員 3名
参加費 3500円

ワークショップのご予約は3月28日(月)よりお電話にて受付いたします。
0263-34-6557 工芸の五月企画室
[10:00〜16:00 受付/水・土・日休業]
協力: 工芸の五月実行委員会


#沈金 #片桐秀和 #松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社

藍染・藍のかおり工房

すすき川にかかる逢初(あいぞめ)橋を渡ったところにある浜染工房。名披露目に手ぬぐいを配ったり、揃いの浴衣を作ったり、藍染はいつも私たちの近くにありました。

藍のかおり工房
明治14年創業。浜染工房は初代・浜茂人からの技術と精神を受け継ぎ、現在も制作を続けています。百年を超える藍染の美。深く濃く、時とともにより一層美しい風合いが生まれる藍染の作品。テーブルセンター、ペンケースなど日常でお使いいただけるものをご用意いたしました。ぜひご覧ください。


#藍染 #藍のかおり工房 #松本ジャポニスム #にっぽんとあそぼう #伝統芸能 #伝統工芸 #なわて通り #ナワテ通り  #縄手通り #信州松本 #四柱神社